GANTZ 37巻 最終話

2013.10.17.Thu.23:23
GANTZの最終巻の感想です。

ネタバレあり(注意!


敗残者の挑戦状。

転送される風(筋肉ライダー)とメアリー。


たった一人の巨人、軍神。イヴァ・グーンドにアメリカチームが苦戦している。

ものすごいスピード・・・アメリカチームはマンツーマンで多数でかかることにする。

アメリカチームの人「We kill him all at once.I'll shoot into his left leg!! Prevent his action!!」

俺達ですぐに殺してやる。俺はあいつの左足を狙う。あいつの動きを止めろ。


刀とガンで立ち向かいますが・・・

アメリカチーム・・・全滅。たった一人の巨人に・・・無力です。


プロメテウスの憂鬱。

軍神「クロ・・・ノ

クロノ・・・ケイどこにいる・・・ここに来い・・・クロノケイ・・・」

クロノが来ないならここにいる人間を殺していくと言う。

軍神「我々は敗北した・・・残された道は母船の自爆しかない。クロノケイが来ない・・・あるいは私に敗北した場合・・・母船を自爆させ・・・地球に落下させる・・・」

パニックになる人達。祈る人達。

玄野(なぜか・・・落ち着いている・・・鼓動は激しいのに・・・)

周囲の喧騒をよそに思い起こすのは、それまで戦ってきた強敵たち。


最大荷重の対峙。

「帰ってくるよ、帰ってくるから。帰ってくる・・・絶対」

「玄野計だ!!そっちに転送してくれ」

右手を上げ応答する玄野。転送が始まる・・・


ここの絵のワンショットであの岸本出てきて玄野の名前を呟く。


希望と絶望の応酬。

玄野が母船に転送されたが絶望する世界中の人々・・・飛び降り自殺する人達も・・・


軍神と玄野の一対一の戦いが始まる。

012


軍神のスピードについていけない。危うい玄野・・・

玄野は逃げ回りながら死体のそばに落ちている剣を拾う。

武器を持った!

相手の動きが止まる。

玄野「速えーんだよっ!ちっくしょうっ!」


反撃を開始する玄野。剣が相手の顔をかすめる・・・


戦う映像がリアルタイムで世界中に流れている。玄野(クロノ)の名前を連呼する人々。クロノ!クロノ!!

013


渾身の一閃。

ゴオオオオオオッ!!!!

軍神の一撃。ギリギリかわす玄野。

最初は劣勢だったが徐々に軍神を追い詰める。

玄野の父親「計!!行け!!そーだ、やってしまえ!!」

父親は息子の玄野のことをバカにしてたんですけどねw変わって、応援をする。

信じられないことに玄野計が追い詰めている。

バカにしてた2チャンネルの書き込みも歓喜の声に。


収束する諦観。

渾身の一刀を振り下ろす。しかし、それをかがんでかわしカウンターで蹴りを入れる。一発でダウンする玄野。

上から潰されるかと思われた刹那。

加勢に入る、前嶋。右のストレートパンチ。


何度か攻撃をかわす・・・だが、肩から首元に致命傷をもらう。「こんなとこで・・・死に・・・たかった・・・もう・・・悔いは・・・ね・・・」・・・前嶋、死亡。

他の仲間も加勢する。


迅雷の交錯。


加勢したが、吉川も死亡。


ここで群衆に交じってヴァンパイアの氷川(ホストざむらい)と連れの女が登場。ワンシーンだけw

ホストざむらいの活躍期待してたのに・・・これだけとかw残念・・・


最期の終止符。


絶望感が高まるなか・・・

仲間を殺され追い詰められた玄野は怒りに震える。

力をためて渾身のフルパワーでのアタック!!

軍神の頭を貫通してやっとの思いで倒して勝った。


世界中から歓声が上がる。

玄野計が異星人の英雄に勝利する。


残った敵は自殺して母船の自爆が始まる。

どうやら、死んだ人間も再生できるそうなので死んだ仲間を転送させる。

黒玉が壊れてしまったので、玄野と加藤は小型の宇宙船に乗り母船を脱出して地球へ。

海に落ちた二人。二日か三日経ち・・・

「俺達さ・・・もう戦わなくていいんだよな・・・俺達がやったことって・・・意味があることだったのかな・・・誰か・・・救われたのかな・・・」

海を漂っていたが岸に着いて、陸地に上がり・・・そこで加藤は弟の歩に玄野はタエちゃんに力を使い尽くして倒れるように抱きつく。

玄野!ありがとー!ありがとう!!

終わり(完)


なんか・・・最後の終わり方とかに不満があります。軍神もっと圧倒的に強ければとか、Zガンやハードスーツ、巨大ロボットを使って戦ったりして欲しかった。

結局、宇宙船の母船は自爆しちゃうんですね、異星人全滅じゃん・・・


ホストざむらいや桜井が居たらもっと楽に軍神に勝ててただろうなと思ったw

ところで・・・西君って死んだんですかね??そのシーン無かったから謎だなっていう。


連載13年だそうです。面白かったです。お疲れ様でした!


GANTZ 37 (ヤングジャンプコミックス)




スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する