ドラマ「ケイゾク」

ドラマ、「ケイゾク」を久しぶりに観ました。


1999年放送なので、とても懐かしいなぁ・・・と思いました。


この作品は飽きずに1話から11話まで観れます。

中谷美紀が演じる柴田、東大卒の超エリート。

一瞬で東大の入試問題を解いたり、パソコンでハッキングしたりで色々と凄い。

半端じゃない推理力で・・・

決め台詞は「あのー、犯人わかっちゃったんですけど」

主人公はやっぱり天才じゃないと物語がつまらない・・・というより天才や超人にしたほうが話が盛り上がる。


デスノートだって、天才の夜神月や世界一の名探偵Lっていう設定だったりする。

話をケイゾクに戻すけども。

渡部篤郎が演じる真山、たまにふざけるけど渋くて演技力がある。

妹がレイプされ自殺したことがトラウマになり、犯人の朝倉を数年にわたって執拗に追いかける。


柴田と真山のやり取りが面白くて好きです。

柴田は捜査に夢中になってしまい食べず何日も風呂に入らずで・・・

真山から、「頭が臭い」と言われたりする。


色んな未解決の事件を柴田が解き明かすとこが爽快だと思います。

ついでに時間あったので特別編も観ました。面白かったです。

推理小説読んでる気分になりましたw


犯人の朝倉は何度観ても不気味ですね・・・

人を操ることが出来る謎の存在です。


あとは劇場版を、これから観ようかなぁ・・・

SPECもちょっとしか観てなかったので時間のある時にでも観てみようかと(*・ω・)ノ!


それでわ。

しーゆー。


ポチってくれたら嬉しい。応援よろしく、励みになりますm(__)m


人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment