『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(Good Will Hunting)

2013.06.14.Fri.03:41
この作品は僕にとって思い出深いです。

何気なく、当時の友人と偶然にも映画館で初めて観た映画・・・

他の映画は満席で観れなくて、、、

ほんとたまたま観たのですが、とても印象に残りました。感動しましたね・・・


天才的な頭脳を持ちながら幼い頃に負ったトラウマから逃れられずにいる一人の青年と、最愛の妻に先立たれ失意

に喘ぐ心理学者との心の交流を描いたヒューマンドラマ。


1997年公開のアメリカ映画。監督はガス・ヴァン・サント、製作会社はミラマックス。


1997年12月初旬のワールドプレミア後から当時は無名の俳優であったマット・デイモンが執筆した脚本と完成度の

高さに注目が集まり、最終的にアカデミー賞やゴールデングローブ賞において脚本賞を受賞するなど高い評価を受けた。

ストーリー。


マサチューセッツ工科大学の数学教授ランボーは学生たちに数学の難問を出す。

世界屈指の名門校の学生ですら悪戦苦闘する中、それを簡単に解いたものが現れた。

その人物は学生ではなく同大学に勤務するただのアルバイト清掃員ウィルであった。


ランボーはウィルの非凡な才能に眼をつけ彼の才能を開花させようとするが、ウィルはケンカをしては鑑別所入りを繰り返す素行の悪い青年だった。

ランボーはウィルを更生させるため様々な心理学者(セラピスト)にウィルを診てもらうが、皆ウィルにいいようにあしらわれサジを投げ出す始末。

最後の手段として、ランボーは学生時代の友人でコミュニティカレッジ(バンカーヒル・コミュニティ・カレッジ)で心理学を教えているショーンを紹介する。

ウィルは最初はショーンをからかっていたものの、ショーンも自分と同じように心に深い傷を負っていることを知り次第に打ち解けていく・・・


うーん・・・深い作品です、後半のワンシーンで涙が出そうになり、感動します。

非凡な才能を持つ天才の主人公の癒えない心の傷。孤独感。虐待されていたことによる精神的トラウマ・・・

そして。

そんなウィルと心理学者との心の交流を描いている見事な作品になっています。


マット・デイモンは個人的にも好きな俳優さんで彼が出ている作品は何度も観ています。


余談ですが、また英語音声、英語字幕で観ています(勉強にもなるので

なんだか眠れないのでブログ、更新。


グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray]

新品価格
¥1,404から
(2013/6/14 03:37時点)




ポチってください、お願いします。応援よろしくm(__)m
押してくれたら泣いて喜びます。ブログ毎日更新していきたい。励みになります。


人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
No title
私もこの映画は、何度も観ている大好きな作品です。ウィルとショーンの心がだんだんと溶けていくところが、とても沁みますよね!友人役のベンアフレックもイイ味★ラストシーンの希望が満ちる感じと「愛」を選んだウィルの決断にグッときます。
余談ですが・・・
私も字幕と英語音声で観ましたよ!
No title
>ちゃいさん
この映画いいですよね(^^)/

映画終わった後に残る余韻がなんとも。ウィルとショーンの対話も徐々に打ち解けていく。友人役の人もいい演技でしたね!最後にウィルにかけた言葉にとても優しさが感じられる・・・

愛を選んで、決断したけどもこれからウィルがどんな仕事して生きてゆくのか(数学の天才だし)気になりました。色々経て、学問の道に進むのかなぁ・・・映画のその後が知りたいです、謎のままですが(笑)

グッとくる作品です。

同じく英語音声!ゆっくりの英語発音だと聞き取れますが難しい内容セリフもあったので日本語字幕で英語音声がベターですね。

コメントありがとうヾ(・ω・)ノ

管理者にだけ表示を許可する